過払い金の仕組み

男性

借金をした際、人によっては過払い金が発生している場合があります。過払い金とは、借金を返済する際に払い過ぎたお金のことです。借金は通常、借りたい額に利息が追加されます。消費者金融によってはこの利息に違法な額が設定されており、知らず知らずのうちに払いすぎていた場合があります。法律上過度な利息は禁止されているので、弁護士に相談することで払い過ぎたお金を取り戻すことができるのです。福岡にはこのような弁護士事務所が数多くあるので、過払い金を取り返してもらうことができます。また、福岡市内などではこの過払い金の相談ができるイベントなどが設けられています。過去に借金をしていたという人や、今現在借金を返済し続けているという人は福岡にある弁護士事務所に相談しましょう。

消費者金融などからお金を借りる際は法律でその利率が定められています。例えば、10万円未満の額を借りたい場合は20%まで、それ以上の額から100万円未満の場合は18%までとされています。仮に100万円以上もの大金を借りる場合は利率は15%未満です。しかし、資金業法が改定される前なら、29.2%までの利率が可能でした。「借りる人が自らの意思でこの利率を払っている場合」なら、この利率も受け入れられていたのですが、借りる人のほとんどの人が法律に詳しくなくこのような説明を消費者金融からされていなかったため、本人の意思に反していると裁判で度々取り上げられていました。平成18年にようやく裁判で認められ、資金業法が改定されたのです。そのため、払い過ぎた利息がある人は返金してもらうことができるのです。